« 新橋演舞場 花形歌舞伎・夜の部 | トップページ | 『ナイン・ストーリーズ』 »

2009年11月 9日 (月)

『風が強く吹いている』

三浦しをんの『風が強く吹いている』(新潮文庫)を読む。わたくしは走るのが大嫌いだし、まあ箱根駅伝はテレビで必ず見るっちゃあ見るけれど、正月から寒い中あんなキツイことをする意味がわからん、と思う方なので、実はこの本読む気はあんまりなかった。友人が熱烈に薦めてくるも、君はほっとくとトライアスロンとかやりかねん人種だからなー、君にはヒットするかもしれんが俺にはたぶん効かんね、と半信半疑であった。前フリ長いが、ほんとおおおおおに私は走るのが嫌いなんだよ。なのにこの小説を読んで走りたくなったんだよ!これがっ文学の力かーと、久しぶりにしみじみ思ったことだ。ざっくり言うと、ある大学陸上部の個性あふれる10人が、その面子じゃあ到底無理!と誰もが思う箱根駅伝を目指すっつう話。皆同じ竹青荘というボロアパートに住み、なんだかんだと言いながらも信頼できるリーダー・ハイジの元で練習を重ね徐々に力をつけていく。全員目指すところは同じだけど、勿論一人一人実力も違えば走ることに対する思いも違う。それを吐露していくとこなんてほんとうまいー。後半なんて俺泣きっぱよ。今更でしょうが、読んで良かった!君たちも読みたまえ!とあれだけ乗り気じゃなかった自分を棚に上げ、叫んで回りたい傑作と思う。

|

« 新橋演舞場 花形歌舞伎・夜の部 | トップページ | 『ナイン・ストーリーズ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46715013

この記事へのトラックバック一覧です: 『風が強く吹いている』:

« 新橋演舞場 花形歌舞伎・夜の部 | トップページ | 『ナイン・ストーリーズ』 »