« 『新釈 走れメロス 他四篇』 | トップページ | 『ウエハースの椅子』 »

2009年11月 1日 (日)

『秘密(7)』

清水玲子の『秘密(7)』(白泉社ジェッツコミックス)を読む。シリーズ最厚の第7弾!!と帯にもある通り、かなり厚い&濃い、大作であった。外務大臣の娘が誘拐され、自殺した容疑者の脳の映像から「第九」が少女の行方を追うのだが、そこには驚くべき緻密な計画が...みたいな話。うーん何かもうねー絶句するくらいスゴイよ。人間ここまで鬼になりますか、って話よ。しかもぞっとする位よく出来ているんですわ。この傑作の前では、参りました!と唸ってドロンするしかないおさるであった。

|

« 『新釈 走れメロス 他四篇』 | トップページ | 『ウエハースの椅子』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46642031

この記事へのトラックバック一覧です: 『秘密(7)』:

« 『新釈 走れメロス 他四篇』 | トップページ | 『ウエハースの椅子』 »