« 芸術祭十月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 『ROMES06』 »

2009年10月13日 (火)

『赤い竪琴』

津原泰水の『赤い竪琴』(創元推理文庫)を読む。津原泰水はこっそり好きだけど、それに加えて「永久少女たちへ」という帯と、どことなく昔の小説風な装丁がいいなと思った。創元推理文庫なのにミステリというわけでもなく、カテゴリ的には恋愛小説っぽいのも珍しい。無気力に日常を生きるグラフィックデザイナー・暁子と無愛想な古楽器職人・耿介が、ある不思議な縁で出会い、不器用に絆を深めていく。いい大人同士の恋愛はあまり多くを語らないものなのかも。静かに激しい。ややもすると饒舌になってしまいがちな己が結構恥ずかしい。「好きになったのは私の咎だが、私の心を吸い寄せたのは彼の咎だ」という一文にちょっと泣く。ラストもちょっと泣く。

|

« 芸術祭十月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 『ROMES06』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46478283

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤い竪琴』:

« 芸術祭十月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 『ROMES06』 »