« 映画『カムイ外伝』 | トップページ | 『帝都衛星軌道』 »

2009年10月19日 (月)

『ソウルケイジ』

誉田哲也の『ソウルケイジ』(光文社文庫)を読む。『ストロベリーナイト』の姫川玲子再登場。猟奇的でセンセーショナルな感があった前作よりも地道な捜査が光る警察小説となっております。多摩川土手の放置車両からみつかった左手首が発端となり、なかなかに複雑な様相を見せる事件を粘り強くほぐしていく刑事たち。事件解決への志は同じくとも、警察内部の微妙な手柄の取り合い的な攻防戦も面白い。相変わらず負けず嫌いで鼻っぱしらが強い姫川玲子であるが、天海祐希でも篠原涼子でもない可愛さがあるんだよなあ。お互い憎からず思っている年上の部下が拗ねている時、あんな方法で機嫌を直すなんて反則だぜー。惚れてまうやろー。そんな味わい深い女主任さんの活躍が今後も楽しみ。

|

« 映画『カムイ外伝』 | トップページ | 『帝都衛星軌道』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46530633

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソウルケイジ』:

« 映画『カムイ外伝』 | トップページ | 『帝都衛星軌道』 »