« 『欲しい』 | トップページ | 『秘密(7)』 »

2009年10月29日 (木)

『新釈 走れメロス 他四篇』

森見登美彦の『新釈 走れメロス 他四篇』(祥伝社文庫)を読む。表題作をはじめとして、『山月記』『桜の森の満開の下』など古典の名作をモリミーならではの愛を以ってリメイク。時にバカバカしく、時に情緒たっぷりで、かと思えばうっすら寒い余韻を残す。私はやはり『走れメロス』が好きー。太宰は勿論大好物ですが、本家メロスよりも気に入ったかも。ほんとにくだらなくて、不覚にも笑ってしまった。嗚呼モリミーを読むと京都に行きたくなるね。

|

« 『欲しい』 | トップページ | 『秘密(7)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46610675

この記事へのトラックバック一覧です: 『新釈 走れメロス 他四篇』:

« 『欲しい』 | トップページ | 『秘密(7)』 »