« 『PINK』 | トップページ | 『図書館危機』 »

2009年9月26日 (土)

『息がとまるほど』

唯川恵の『息がとまるほど』(文春文庫)を読む。え、なんで唯川恵...とりあえずタイトルと、表紙の繊細な切り絵がいいなと思ったので。まあ五年に一度くらいは読んでみたくなる時も?恋愛短編集と軽く踏んで臨んだらあなた、うっすら怖いっす!ホラーです!女の敵は女かー的な黒い話、人を愛しすぎることの狂気、最早愛とも言えない執着、底なしの嫉妬、嗚呼もう女子ときたら女子ときたら...の連続打撃。自戒を含め、何かと無防備に且つ過剰に愛を注いでしまいがちなこととか色々気をつけたいと思うも、気をつけようと思ってできることならとっくにやっとるわい。

|

« 『PINK』 | トップページ | 『図書館危機』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46315818

この記事へのトラックバック一覧です: 『息がとまるほど』:

« 『PINK』 | トップページ | 『図書館危機』 »