« 『ぶぶ漬け伝説の謎』 | トップページ | 映画『空気人形』 »

2009年9月29日 (火)

『骸の爪』

道尾秀介の『骸の爪』(幻冬舎文庫)を読む。ホラー作家の道尾が、取材で訪れた仏像の工房で体験する不可思議な出来事。千手観音が夜笑うのを見たり、謎の声を聞いたり、仏師がいなくなったり。で、道尾は前作『背の眼』でもお馴染みの霊現象探求家・真備とその助手・凛とともにその地を再訪し、怪事件に挑む。工房にずらっと並んだ無数の仏像を思い浮かべるだけで何かもう...と雰囲気に飲まれっぱなしであっという間に読了。さすが道尾秀介。しかし事件はちょっぴり悲しいのよ。この面子は好きなのでもっと読みたいな。

|

« 『ぶぶ漬け伝説の謎』 | トップページ | 映画『空気人形』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46348563

この記事へのトラックバック一覧です: 『骸の爪』:

« 『ぶぶ漬け伝説の謎』 | トップページ | 映画『空気人形』 »