« 『図書館内乱』 | トップページ | 『Lady,GO』 »

2009年9月22日 (火)

『少年になり、本を買うのだ』

桜庭一樹の『少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記』(創元ライブラリ)を読む。そういえば直木賞作家だけど、小説は一冊しか読んだことがないと思う。人の読書日記って大好き。読書傾向が同じでも全然違っても楽しく読める。桜庭さんは翻訳ものとか多いかな。新刊だけでなく古い本もべらぼうにたくさん読む。新たに出る注目の本ばかり追いかけていると、「作家も読者も聞き分けがよく似通った、のっぺりした顔になってしまうんじゃないか。みんなで、笑顔でうなずきあいながら、ゆっくりと滅びてしまうんじゃないか」と危惧し、「駄目だッ。散らばれッ!もっと孤独になれッ!頑固で侠心で偏屈な横顔を保て!それこそが本を読む人の顔面というものではないか?」とちょっと過激なことを言う。うむうむ。気になった本のメモを取りながら読んだら結構な数になってしまった。私なんて、まだまだだ。

|

« 『図書館内乱』 | トップページ | 『Lady,GO』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46275958

この記事へのトラックバック一覧です: 『少年になり、本を買うのだ』:

« 『図書館内乱』 | トップページ | 『Lady,GO』 »