« 『図書館戦争』 | トップページ | 『秋の森の奇跡』 »

2009年9月 7日 (月)

九月大歌舞伎・夜の部

昨日のことですが、九月大歌舞伎・夜の部を観に行った。まずは鶴屋南北「浮世柄比翼稲妻」の「鞘當」、何度か観たことがあるものの、相変わらず状況は今ひとつ掴めずすみません。でも華やかな吉原をバックにした松禄アンド染五郎イカス。今日も萌え五郎。うってかわって暗く怪しい「鈴ヶ森」は何と言っても家橘ちゃんの飛脚がかわゆらしいです。美少年・白井権八(梅玉さん)キター。そして幡随院長兵衛登場で、嗚呼幡随院長兵衛の話だったんだねと思い出す。ほんとに物忘れがひどい昨今である。おかげで日々新鮮!?次は、えーまたですかあと思わず毎回言ってしまう「勧進帳」。吉右衛門さんの富樫に幸四郎の弁慶。諸々さらっとした勧進帳である意味吃驚してずっと覚醒。高麗屋!播磨屋!と客席がとにかくむのすごい盛り上がり。皆さんお好きなんですね、勧進帳。四天王の松江さんにラブ。最後は「松竹梅湯島掛額」、思い出深く大好きな演目ですが、今日のお七ちゃんは福さんでーす。わたくしの美しい思い出を無理矢理?福色に染め換えてくださること間違いなし。紅長は吉右衛門さん、よく働くなあ。小姓吉三郎という役はおバカさんなのかとずっと思っていたけれど、錦之助吉三郎はバカには見えず。というわけでバカじゃないんだとわかる...初めて観た時のが刷り込まれているらしい(誰?)。福さんのお七ちゃんは強烈ですが、さすがに「櫓のお七」の人形ぶりなんて魅せるわーという感じ。黙っているとほんとにキレイ。勿論褒めてマス!というわけで福さん良かったけど菊のお七ちゃんと新之助(当時)の吉三郎☆が懐かしいねと友人カッパと反芻しつつ帰宅。9月の観劇はこれでおしまい。

|

« 『図書館戦争』 | トップページ | 『秋の森の奇跡』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九月大歌舞伎・夜の部:

« 『図書館戦争』 | トップページ | 『秋の森の奇跡』 »