« 映画『アマルフィ 女神の報酬』 | トップページ | 『無銭優雅』 »

2009年8月22日 (土)

夏の終わりのマンガまとめ

ほんとに飲みすぎな今日この頃、本を読んでもこんな泥酔状態では感想を書くに至らず。つうわけで諸々滞り気味。ここいらで最近読んだマンガをまとめておきます。二ノ宮知子の『のだめカンタービレ(22)』(講談社コミックスKiss)、のだめ、いきなりなデビュー!?的な展開で、色々あってちょっと泣く。のだめちゃんの才能の果てしなさに心が震えるも、どこか危なっかしい、取り扱い注意な感じにやきもきするね。アンドこんな千秋様は見たくない~。羽海野チカの『3月のライオン(3)』(白泉社)も感極まった!生きていく上ですっごく大事な、魂入った言葉を、こんなにもきちんと描けるすごさよ。泣いたよ。泣き二連発のあとは安心して笑える瀧波ユカリの『臨死!!江古田ちゃん(4)』(講談社アフタヌーンKC)。何でしょうかこの安心感...自分まだダイジョブ、とか思ってしまって御免よ江古田ちゃん。

|

« 映画『アマルフィ 女神の報酬』 | トップページ | 『無銭優雅』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/46001277

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりのマンガまとめ:

« 映画『アマルフィ 女神の報酬』 | トップページ | 『無銭優雅』 »