« 『宵山万華鏡』 | トップページ | Girls ! Girls ! Girls ! »

2009年8月14日 (金)

『愛罪』

五條瑛の『愛罪』(双葉文庫)を読む。革命シリーズもやっと五冊目、ってことは半分なのか。普通にやくざ同士の抗争ものっぽくなってるが、相変わらず登場人物は多く(しかも多国籍)、魅惑のお薬・ファービーだのいろんな要素が絡んできて物語はブ厚く複雑。甘ちゃんの日本人としては、いつの間にか油断出来なくなっているこの世界に唖然とするしかないです。美しすぎる悪魔・サーシャ様も特別出演程度の登場でおいしいとこを持っていく。「はたして愛という感情で幸せになっているか?」というサーシャ様の問いかけは重いッス。愛しすぎは罪...ですか。

|

« 『宵山万華鏡』 | トップページ | Girls ! Girls ! Girls ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/45925989

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛罪』:

« 『宵山万華鏡』 | トップページ | Girls ! Girls ! Girls ! »