« 「NINAGAWA十二夜」@新橋演舞場 | トップページ | 「千人の交響曲」 »

2009年7月 1日 (水)

『スイートリトルライズ』

江國香織の『スイートリトルライズ』(幻冬舎文庫)を読む。江國か...と思ったが(嫌いなわけではないけど、どこか遠い国の話みたいな馴染めなさがありますねん)、「映画化決定・主演大森南朋」の帯だけで即購入。今や大森南朋は購買の起爆剤に?あくまでもわたくしにとってこの手の小説の醍醐味は、あーわかるわかる!っつう共感ポイントが多少なりともあることですが、何しろ江國香織の世界は遠いのでその辺はあまり乗れず。しかし対岸の火事的には実に興味深い。テディベア作家(...)瑠璃子と、ゲームばかりやっている二歳年下の夫・聡の、結婚生活の中でお互いに少しずつ重ねていく嘘。何か変で好かんたらしい夫婦...と思うも、じゃあどんな夫婦が普通なんだよと言われたらよくわからん。「恋をしているの。本当は夫だけを愛していたいのに」つう瑠璃子の言葉は自分勝手でしゃらくさいと思うが、これがなかなか言いえて妙かも。でも友達にはなりたくないタイプ。唯一親近感を持てたのは聡の後輩のしほちゃん。真っ直ぐさとパッションは買える。
で、これ映画化されたら観なくちゃいかんの俺?

|

« 「NINAGAWA十二夜」@新橋演舞場 | トップページ | 「千人の交響曲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/45505899

この記事へのトラックバック一覧です: 『スイートリトルライズ』:

« 「NINAGAWA十二夜」@新橋演舞場 | トップページ | 「千人の交響曲」 »