« 『レインツリーの国』 | トップページ | 『刑事の墓場』 »

2009年7月 7日 (火)

梅雨時漫画祭

最近読んだ漫画のまとめ。『かぶく者(5)』(デビッド・宮原&たなか亜希夫/講談社モーニングKC)、連獅子のクライマックスはすげええええ。芸の攻防戦の向こう側で、新九郎と銀乃介はご見物にどんな風景をみせるのか?ちょっと鳥肌たったかも。次の演目もすこぶる楽しみー。巻末の「デビ夫流歌舞伎鑑賞術」もなんだか変な説得力があってオモシロい。『PLUTO(8)』(浦沢直樹×手塚治虫/小学館ビッグコミックス)は遂に最終巻。そうです憎しみからは何も生まれないっす...。ロボットだってそんな大事なことを知っているのに、人間の愚かさに悲しくなる。自分含め。『BILLY BAT(1)』(浦沢直樹&長崎尚志/講談社モーニングKC)、掴みはオッケー!そしてこれまた風呂敷の広げ甲斐がありそうな時代&題材にわくわくすると同時に、とにかく畳みきれるよう頑張って欲しいと密かに願う。『ファンタジウム(4)』(杉本亜未/講談社モーニングKC)、長見良が時折発するひとことは驚くほど深いぜ。にしてもガンテツさんはどうみても男だろう。最後に女子漫画、『本屋の森のあかり(5)』(磯谷友紀/講談社コミックスKiss)、どんな職場でも色々あるよねー的な展開。今回わたくしの好きな副店長・杜三さんの影が薄く...加納緑株急上昇か。ま、どっちも眼鏡だから問題なし!以上。

|

« 『レインツリーの国』 | トップページ | 『刑事の墓場』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/45569155

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨時漫画祭:

« 『レインツリーの国』 | トップページ | 『刑事の墓場』 »