« 善光寺御開帳 | トップページ | 五月大歌舞伎・夜の部 »

2009年5月24日 (日)

『ハゲタカ』

今更ですが真山仁の『ハゲタカ』(上下巻・講談社文庫)やっと読了。おもおもおもしろかったー。正直、投資ファンドからしてよく飲み込めてなかったんだけど、いちいち用語がわからんとかもあったんだけど、途中からそんなことはどうでもよくなるね。ていうかなんとなくわかったような気になってくる感じ?とにかくニューヨークからやってきた所謂”ハゲタカファンド”のホライズン・キャピタル社長・鷲津(当然大森南朋を思い浮かべながら読む)がかっちょいい~。にこやかに微笑みつつ日本を買い叩く非情のライセンスぶりに、なんだか胸がすかっとします。大銀行があたふたするさまを見ているともう溜飲が下がりまくり...。そんな暗い喜びも確かにあるがそれだけじゃなく、鷲津の冷酷非情さの裏に意外にも何かと見え隠れするサムライの心にぐっときたりもするんだな。さっ、『ハゲタカⅡ』を買いに走るぜ!

|

« 善光寺御開帳 | トップページ | 五月大歌舞伎・夜の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/45111440

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハゲタカ』:

« 善光寺御開帳 | トップページ | 五月大歌舞伎・夜の部 »