« 『夜の公園』 | トップページ | 五月大歌舞伎・昼の部 »

2009年5月 5日 (火)

『ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶』

大崎善生の『ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶』(新潮文庫)を読む。前に読んだ『九月の四分の一』が男子側からの恋愛小説だとしたら、こちらは女子側。ともにおセンチではあるな。主人公の女子たちが、揃いも揃って、何故にこんな男を好きになるか...というだめんずばっかりなのも作者の好みか?ちょっとわたくしにはわからない感覚の持ち主ばかりであった。恋愛小説というのは本当にむつかしいものよのう。

|

« 『夜の公園』 | トップページ | 五月大歌舞伎・昼の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/44909810

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶』:

« 『夜の公園』 | トップページ | 五月大歌舞伎・昼の部 »