« 悲しいときー | トップページ | 『私立探偵・麻生龍太郎』 »

2009年3月 8日 (日)

『一千一秒の日々』

島本理生の『一千一秒の日々』(角川文庫)を読む。青臭い恋愛小説を読んでみようじゃないの、と高をくくっていたら結構な勢いでなぎ払われた。『ナラタージュ』の時もそうだったけど、この娘案外やるのよねー。ちょっと若い世代の恋愛を描いた連作短編集ですが、登場人物たちが今どきの若い子っぽくないっていうか(失敬)、意外とまっとうだったり浮ついてないなあと言った感想。世代を超えて楽しめると思う。でぶっちょの針谷くんと小悪魔美少女の話がすっごく好きだった。イイね。

|

« 悲しいときー | トップページ | 『私立探偵・麻生龍太郎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/44283022

この記事へのトラックバック一覧です: 『一千一秒の日々』:

« 悲しいときー | トップページ | 『私立探偵・麻生龍太郎』 »