« 『一千一秒の日々』 | トップページ | 『モップガール』 »

2009年3月 9日 (月)

『私立探偵・麻生龍太郎』

柴田よしきの『私立探偵・麻生龍太郎』(角川書店)を読む。書店で見つけた時、心の中でキターーーと叫んでしまいました。麻生龍太郎、大好物なんで。でも彼が好きなのは男子...ままならぬ感がまたいいッス☆とは言っても、警察を辞めて私立探偵になりたての麻生にさほど男にうつつを抜かしている暇はないのか、割とノーマルな探偵小説に仕上がっております。警察では天才と言われていたその捜査能力は一匹狼になっても顕在。自分で天才と意識してないところがまた小憎いのな。そしてちらつく山内練はやはり麻生の前ではかわゆらしいのであった。本書は時期としては『聖なる黒夜』の後と言う事なので、いつかRIKOを含め時系列通りに読み直してみたい(が、ヘヴィだろうなー)。

|

« 『一千一秒の日々』 | トップページ | 『モップガール』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/44295766

この記事へのトラックバック一覧です: 『私立探偵・麻生龍太郎』:

« 『一千一秒の日々』 | トップページ | 『モップガール』 »