« 『私立探偵・麻生龍太郎』 | トップページ | 『こんちき』 »

2009年3月12日 (木)

『モップガール』

加藤実秋の『モップガール』(小学館文庫)を読む。ワケアリ現場の後処理を得意とする掃除会社に就職した桃子が、そこで遭遇する不思議な体験の謎をつきとめるべく、事件・事故の真相を追うっつうお掃除ミステリ?多少強引なストーリーはともかく、桃子が時代劇マニアなのがすこぶる可愛い!携帯の着メロは「赤穂浪士」だったり「ててご橋」だったり、好きなタイプの男子は顔が大きくて腰回りが太くて脚が短い人=着物やちょんまげが似合う体型じゃないと!で、理想の男子は大川橋蔵。神田明神下にある桃子いきつけの「酒飯屋 五郎八」は、時代劇を愛する者たちの溜まり場で超楽しそう。行ってみたい~。そんな印象ばかりが残る一冊であった。ちょっと間違った感想かも。

|

« 『私立探偵・麻生龍太郎』 | トップページ | 『こんちき』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/44327526

この記事へのトラックバック一覧です: 『モップガール』:

« 『私立探偵・麻生龍太郎』 | トップページ | 『こんちき』 »