« 村上春樹薬 | トップページ | 『365日たまごかけごはんの本』 »

2009年2月 7日 (土)

『愛がいない部屋』

石田衣良の『愛がいない部屋』(集英社文庫)を読む。神楽坂の高層マンションを舞台に、老若男女様々な生活と思いを抱えた人たちの、それぞれの愛を描いた短編集。あっさり読めるけれど、『ホームシアター』や『落ち葉焚き』のような、はっとするほどに揺さぶられる話もあって流石にうまい感じ。神楽坂っつう場所がまたイイなと思いました。

|

« 村上春樹薬 | トップページ | 『365日たまごかけごはんの本』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/43986933

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛がいない部屋』:

« 村上春樹薬 | トップページ | 『365日たまごかけごはんの本』 »