« 映画『20世紀少年-第2章-最後の希望』 | トップページ | 『破弾』 »

2009年2月11日 (水)

『喋々喃々』

小川糸さんの『喋々喃々』(ポプラ社)を読む。『食堂かたつむり』が大層読まれているらしい著者の二作目だけれど、食堂の方は未読。何かで本書のあらすじをちらっと読み即買いを決意、読んでみて己の嗅覚にうっとり。って自分褒めかい。いやそれくらい自分の好みにしっくりきた本だったので。谷中でアンティーク着物店を営む栞は、客としてやってきた春一郎と恋におちる。谷根千辺りを舞台に二人の仲はゆっくりと静かに深まっていくが、これは先の見えない恋なのでありました...少しずつ縮まる距離とか会いたくてもままならない感じとか一緒においしいものを食べる幸せとか、もうそんなことでいちいち泣けた。ううう。湯島天神で梅を愛でたり、向島百花園の月見の会など落ち着いたデーティングもイイ。正直この春一郎という男子にはあんまり魅力を感じないんだけど(キリン似だからか?私はギンポ似派だもん)、その代わり?いなせなじいちゃん・キュートなばあちゃん的な登場人物が脇をしっかり固めていて言うことなし。日本の文化や四季折々の行事などを自然と大事にしている栞の暮らしも好いたらしく、彼女の着物の着こなしを読むのも実に楽しい。装丁も品がある。おお、春一郎以外はベタ褒めだ。

|

« 映画『20世紀少年-第2章-最後の希望』 | トップページ | 『破弾』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/44029976

この記事へのトラックバック一覧です: 『喋々喃々』:

» チュニック 着こなし [チュニック 着こなし]
チュニック 着こなしについての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 18時22分

« 映画『20世紀少年-第2章-最後の希望』 | トップページ | 『破弾』 »