« 『ジウⅡ』 | トップページ | 『愛がなくても喰ってゆけます。』 »

2009年1月28日 (水)

『初恋』

中原みすずの『初恋』(新潮文庫)を読む。40年程前、若者たちが権力に抗い、学生運動やデモに参加して、ジャズ喫茶でたむろしていたあの時代。愛に見放された少女は何故三億円事件に関わったのか、みたいな話。昭和なしゃべり言葉が、ふうんと言った感じです。美しく賢い東大生・岸君なんてばもうちょっと頑張れば萌えどころもあるキャラだろうに、なんとなく乗れず。本も薄いが中身も...と言ったら多分言いすぎよね。読後、録画しといた宮崎あおい主演の映画版もちょっと観たけど、何か暗くて途中で挫折。ぐだぐだで御免。

|

« 『ジウⅡ』 | トップページ | 『愛がなくても喰ってゆけます。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/43878800

この記事へのトラックバック一覧です: 『初恋』:

« 『ジウⅡ』 | トップページ | 『愛がなくても喰ってゆけます。』 »