« 『ためらいもイエス』 | トップページ | 給料日は »

2009年1月15日 (木)

『そして、警官は奔る』

日明恩の『そして、警官は奔る』(講談社文庫)を読む。シリーズ二作目もかなりぶあつく、読み応えも更にずっしり。『微笑う』の時はミステリマニアのお坊ちゃま刑事っつうありえなさそうなキャラにひかれたけれど、どこまでもまじめに職務をまっとうしようとする、噛めば噛むほど味が出るスルメみたいな男・武本刑事にぐいぐいやられる。今回は蒲田署に異動となった武本が、”冷血”とあだ名されるいかにも何かありそうな和田刑事と組んで不法滞在外国人絡みの事件を追う。法の狭間でもがく人々の葛藤や、警察官とは何か的な問題まで掘り下げた力作になっております。ハマリます!今年は警察小説に力を入れようとなんとなく思う。

|

« 『ためらいもイエス』 | トップページ | 給料日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/43744478

この記事へのトラックバック一覧です: 『そして、警官は奔る』:

« 『ためらいもイエス』 | トップページ | 給料日は »