« 『福家警部補の挨拶』 | トップページ | 『かぶく者(4)』&『大奥 第四巻』 »

2008年12月23日 (火)

『彼女について』

よしもとばななの『彼女について』(文藝春秋)を読む。いしいしんじさんが先日のトークショーにて本書を絶賛しており、よしもとばななは自分では意識してないかもしれないけどダントツである種の高みに到達しているみたいな事を言ってて読んでみる気になったもの。好きな人の言うことはよく聞くおさるです。過去に辛い出来事が何かあって色々抱えているっぽい設定は『みずうみ』と似通ったものがあるが、この決着のつけ方には吃驚だった。例によって全くうまく言えない。でも読んで良かったと思うのは確か。

|

« 『福家警部補の挨拶』 | トップページ | 『かぶく者(4)』&『大奥 第四巻』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/43502547

この記事へのトラックバック一覧です: 『彼女について』:

« 『福家警部補の挨拶』 | トップページ | 『かぶく者(4)』&『大奥 第四巻』 »