« いしいしんじトークショー | トップページ | 映画『GSワンダーランド』 »

2008年12月 3日 (水)

『眠れぬ真珠』

石田衣良の『眠れぬ真珠』(新潮文庫)を読む。45歳の版画家・咲世子と、17も年下の映像作家・素樹との恋を描いた恋愛小説。うーんあざとい!しかしうまい。何といいますか、これは多かれ少なかれアラフォー女子が密かに夢見る理想の恋愛では?と思うのはわたくしだけでしょうか。適度に金持ちっぽくて小洒落た逗子というロケーション、素敵度は高いけれどその実態はあまり知られていなさそうな版画家という職業、咲世子の服装や車に至るまで、いかにも過ぎないけどただ者ではない感じがにじみ出るっつうさじ加減が衣良っぽい...。特に男子の綺麗な手に惹かれるあたりなんて、女子感覚だよなーやるなーと思いました。まあ更年期で諸々ガタがきつつある女をここまで好きになってくれる年下男子なんて現実にあんのか!とも思うけど、あったらいいな♪と思わせる、ある意味ファンタジーですかね。つうかハーレクイン?でもあんまり恋愛小説読まないのでとにかく新鮮であったよ。たまにはいいかも。

|

« いしいしんじトークショー | トップページ | 映画『GSワンダーランド』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/43310240

この記事へのトラックバック一覧です: 『眠れぬ真珠』:

« いしいしんじトークショー | トップページ | 映画『GSワンダーランド』 »