« 『彼女について』 | トップページ | クレイジーケンバンド☆ディナーショー! »

2008年12月25日 (木)

『かぶく者(4)』&『大奥 第四巻』

年末にきて嬉しいマンガ新刊二冊。デビッド宮原&たなか亜希夫の『かぶく者(4)』(講談社モーニングKC)は、連獅子の表紙が目にも鮮やか!舞台潰し・市坂新九郎が、役者潰し・山中銀乃介との連獅子に挑む!毛振り場面の静かな迫力はなかなかです。マンガだからこその、こんな役作りする役者がいるのか的な設定がおもしろい。続きは半年後!うーむ待ち遠しい。よしながふみの『大奥 第四巻』(白泉社)は男女逆転ぶりにも慣れてきたけど、相変わらず練られているなあ。吉原や歌舞伎など細かいとこまでなるほど感。あと、丸橋忠弥は四代将軍の頃の人なんすねと今更ながらわかった。こちらの続きは1年後かな。それまで頑張って生き延びるざんす。

|

« 『彼女について』 | トップページ | クレイジーケンバンド☆ディナーショー! »

コメント

あらぁ~ 昨日本屋さんに行ったのに見逃してましたぁ~
そろそろ「かぶく者」でないかなぁとざざっと見たのですが...
後で行ってこようっとrun

投稿: kirigirisu | 2008年12月25日 (木) 11時14分

ハローkirigirisuさま
かなり目立つ赤い髪の獅子の表紙です☆
でも平積みしていない本屋もあったことですよー
刷り部数が少ないのか??
次回は東海道四谷怪談らしいっすね。
何か色々とすごい展開だけど、マンガだからいっか!的に
かなり楽しみにしております。

投稿: noppy | 2008年12月26日 (金) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/43522521

この記事へのトラックバック一覧です: 『かぶく者(4)』&『大奥 第四巻』:

« 『彼女について』 | トップページ | クレイジーケンバンド☆ディナーショー! »