« 『ホームタウン』 | トップページ | 映画『イエスタデイズ』 »

2008年11月 5日 (水)

『さがしもの』

角田光代の『さがしもの』(新潮文庫)を読む。著者の作品はそんなに読んでないんだけど、私の中で角田光代の最高傑作と位置付けた!本を巡る短編集で、とにかく全篇良い。あとがきエッセイに至るまで、本が好きな人ならばどこかに必ず共感できたり、鷲掴みにされる箇所があると思う。特にきゅううんときたのが「彼と私の本棚」、わかる!わかるで。本好きの男子に新しい彼女が出来た時、つい「その子、本読むの?」とか私も聞いてしまうよ。そんなん聞いてどうする?と思うけど聞かずにはいられないのよ。他にも「開くだけでどこへでも連れてってくれるものなんか、本しかないだろう」「この本が存在するのとしないのでは世界はだいぶ違うだろう」「知識なんかなくたっていい、私を呼ぶ本を一冊ずつ読んでいったほうがいい」などなど、ちょっとした一文にいちいち打たれた。これも私を”呼んだ本”なのね。

|

« 『ホームタウン』 | トップページ | 映画『イエスタデイズ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/43015284

この記事へのトラックバック一覧です: 『さがしもの』:

« 『ホームタウン』 | トップページ | 映画『イエスタデイズ』 »