« 清さまが見た景色 | トップページ | 『QED~ventus~ 熊野の残照』 »

2008年10月19日 (日)

『追憶のかけら』

貫井徳郎の『追憶のかけら』(文春文庫)を読む。妻を失い、失意のどん底にいる大学講師・松嶋のもとに持ち込まれた、ある作家の未発表原稿。亡妻の親に引き取られたままのわが子を取り戻そうと、まずは名を上げるべくその作家について調査を始めるが、そこには得体の知れない悪意が...みたいな話。途中、くだんの作家の手記がたっぷりと掲載されており、これがなかなか謎をはらんだ読み応えのあるものとなっている。作家が追っていた謎を、時は流れて更に松嶋が追うと言うのが面白い。かなり長い小説だが早く真相を知りたくてわしわし読めた。読後も妙に余韻を残す一冊。ダメ男にオススメ。

|

« 清さまが見た景色 | トップページ | 『QED~ventus~ 熊野の残照』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42844104

この記事へのトラックバック一覧です: 『追憶のかけら』:

« 清さまが見た景色 | トップページ | 『QED~ventus~ 熊野の残照』 »