« 『本当はちがうんだ日記』 | トップページ | 『QED 東照宮の怨』で予習 »

2008年10月 7日 (火)

『体内時計+』

寺島しのぶさんの『体内時計+』(ポプラ文庫)を読む。ただただ寺島家の生活を覗き見したいがために手に取ったのだが、そんな下世話な自分を恥じました。歌舞伎役者の家という特殊な環境に生まれ、コンプレックスと自意識のせめぎあいに苦しみながらも自分の思う道を強く歩いていく一人の女子の生き様が直球で語られており、潔くてかっちょよかったよ。悩んだ時や人生の岐路に立たされた時に、背中を押してくれたと言う先輩たち(太地喜和子さんや大竹しのぶちゃん、桃井かおりさんなど)の言葉がまた絶妙だった。アンドしのぶ姉さんがブラコンだというのも普通に納得!

|

« 『本当はちがうんだ日記』 | トップページ | 『QED 東照宮の怨』で予習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42717709

この記事へのトラックバック一覧です: 『体内時計+』:

« 『本当はちがうんだ日記』 | トップページ | 『QED 東照宮の怨』で予習 »