« 映画『デトロイト・メタル・シティ』 | トップページ | 『目薬αで殺菌します』 »

2008年9月11日 (木)

『ザビエルの首』

柳広司の『ザビエルの首』(講談社文庫)を読む。著者は最近よく雑誌などで見かけるが、ちょい悪ワイルド眼鏡ぶりがかっちょいい☆と思い、そんなヨコシマな感情で一冊買ってみた次第。鹿児島で発見されたというフランシスコ・ザビエルの首を取材に行ったフリーライターの修平は、首に導かれるかの如く時空を越えて殺人事件の推理をする。アイデアは面白いし、ラスト近くのおおっという驚きもあるけど、ザビエルに乗れるかどうかが肝なのでは...。わたくし的にはそこそこ。著者は他にも歴史上の人物が事件を解く系のミステリを書いているのでトライしたい所存です。

|

« 映画『デトロイト・メタル・シティ』 | トップページ | 『目薬αで殺菌します』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42440896

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザビエルの首』:

« 映画『デトロイト・メタル・シティ』 | トップページ | 『目薬αで殺菌します』 »