« 『蝶狩り』 | トップページ | CKB!『ZERO』 »

2008年9月 3日 (水)

『角』

ヒキタクニオの『角』(光文社文庫)を読む。突然アタマに角がはえてしまった女子のお話。え、なんで角!?という謎の角を巡るあれやこれやもメインだが、主人公・麻起子が働く出版社の校閲部での仕事に興味津々。校閲ってこんな突っ込んだことまでチェックするんだ!と感心したり、編集者や小説家との攻防戦に吃驚したり。「日本語は我々潮光社校閲部が守る!」っつう矜持で仕事に向き合う校閲部の面々の何だかかっちょいいことったら(つい多用してしまうこの「何だか」も校閲対象になるらし)。言葉を大切にする現場を垣間見られたことが面白かった。最後までいちいちイガイな展開も飽きさせず。ヒキタクニオの描く女子はキュート且つしゃんとしてて結構好きよ。

|

« 『蝶狩り』 | トップページ | CKB!『ZERO』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42372797

この記事へのトラックバック一覧です: 『角』:

« 『蝶狩り』 | トップページ | CKB!『ZERO』 »