« 『とっても不幸な幸運』 | トップページ | 映画『グーグーだって猫である』 »

2008年9月30日 (火)

『駅神』

図子慧の『駅神』(ハヤカワ文庫)を読む。ジャケ買い。駅のホームにふらっと現れて気が向くと易を立てるという謎の老人。ある事故を予知したことから評判になり、彼の助言を求めて迷える人々が駅を訪れるようになる。途中易学への変わったアプローチなども盛り込みつつ、易を通して出会う人たちの人情味溢れるミステリに仕上がっております。ちょっと珍しくて面白いかも。しかし易は案外緻密で難しいものなのな。読めない字も多いし、巻末の易に関する資料はちんぷんかんぷん。

|

« 『とっても不幸な幸運』 | トップページ | 映画『グーグーだって猫である』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42645069

この記事へのトラックバック一覧です: 『駅神』:

« 『とっても不幸な幸運』 | トップページ | 映画『グーグーだって猫である』 »