« 新橋演舞場『幕末純情伝』 | トップページ | 『クビキリサイクル』 »

2008年8月15日 (金)

『容疑者Xの献身』

東野圭吾の『容疑者Xの献身』(文春文庫)を読む。以前シリーズ一冊目を読んだ時、助教授眼鏡好きのわたくしをもってしても何故か萌えどころが全くみつからなかったガリレオ先生であるが、例のドラマのおかげで福山雅治をあてて読むと結構楽しいということがわかる。福山さまさま。この調子で一冊目も読むかと思い、本棚を探したがみつからず。捨てたか売ったかしたらしい...。そんな普段東野を特に好んで読まないわたくしも流石に本書は楽しみにしていた。直木賞受賞作であり、このミスだので軒並み1位をとっており、本格論争があったりしたからね。結果、案外面白かったので驚いた。すっかり騙された。騙されてもあまり悔しくないし。こんなのわかるわけねえし。でも読み物として楽しめたのでいいんじゃないすか。映画も観ちゃうかも。

|

« 新橋演舞場『幕末純情伝』 | トップページ | 『クビキリサイクル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42177611

この記事へのトラックバック一覧です: 『容疑者Xの献身』:

« 新橋演舞場『幕末純情伝』 | トップページ | 『クビキリサイクル』 »