« 『厭世フレーバー』 | トップページ | 『ザリガニ課長(1)』 »

2008年8月26日 (火)

『御手洗潔対シャーロック・ホームズ』

柄刀一の『御手洗潔対シャーロック・ホームズ』(創元推理文庫)を読む。稀代の名探偵・御手洗とホームズが対決するなんて!と即飛びついたものの、ホームズはともかく(←思い入れがないから)御手洗はやはり島田荘司センセじゃないと...なんて思ったのも確か。しかし、ノーベル賞はいらないけど友人の為にははるばるストックホルムへ赴きひとはだ脱いだり、英国の巨石遺跡で不可思議な事件と巨人伝説の謎までも解いてしまったり、そんなところはとっても雰囲気があった。著者は御手洗を愛してるのネ☆っつうことはわかったよ。島田センセオリジナルではないものの、久しぶりに一緒にいる御手洗と石岡くんを堪能できるのはやはり嬉しく思うファンなのであった。

|

« 『厭世フレーバー』 | トップページ | 『ザリガニ課長(1)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42284591

この記事へのトラックバック一覧です: 『御手洗潔対シャーロック・ホームズ』:

« 『厭世フレーバー』 | トップページ | 『ザリガニ課長(1)』 »