« 『PLUTO(6)』&『君に届け(7)』 | トップページ | 『非正規レジスタンス』 »

2008年8月 2日 (土)

『綺羅の柩』

暑いっすね。読書が進まんわ。本読んでないと他にはひたすら飲酒するくらいなので書くことがないんですわ。まあそんな8月だ。さて久々読了は、篠田真由美の『綺羅の柩 建築探偵桜井京介の事件簿』(講談社文庫)。軽井沢とマレーシアを舞台に、シルク王の失踪事件などを京介一行が成り行き上追ったりする話。事件的にはそこそこの盛り上がりなれど、取材の賜物っぽい旨そうなタイ料理の描写にそそられたし、本書のモデルになったシルク王ジム・トンプソンが実際に失踪しているらしいことに興味を持った。同じ事件を扱った松本清張の本も面白そう!今回かつて登場した(らしい)人物がわらわらと現れていたが、もうあんまり覚えていない...色んなことを少しでも覚えているうちにこのシリーズのオチをつけて頂きたい。

|

« 『PLUTO(6)』&『君に届け(7)』 | トップページ | 『非正規レジスタンス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42040825

この記事へのトラックバック一覧です: 『綺羅の柩』:

« 『PLUTO(6)』&『君に届け(7)』 | トップページ | 『非正規レジスタンス』 »