« 『クビキリサイクル』 | トップページ | 「舟越桂 夏の邸宅」展 »

2008年8月17日 (日)

『のだめカンタービレ(21)』など

何度目かの自主的なプチ夏休み中、たまっていたマンガを読む。まずは二ノ宮知子の『のだめカンタービレ(21)』(講談社コミックスKiss)。むきーっ、またまたひと波乱ありそうデスよ!!しかし二ノ宮さんはそのうち産休に入ってしまうのか...目出度いがちょっち寂しい。乃木坂太郎の『医龍(18)』(小学館ビッグコミックス)、前巻で「女の敵は女」と思ったが撤回します。加藤ちゃんの蛮勇?に涙する。しかしなかなかくたばらない野口センセがここここ怖い。bassoの『amato amaro』(茜新社)、んもう眼鏡男子天国。死んで天に召されたならばここに行きたい。登場人物の95%は男子で、中でも眼鏡教授のヴィットーリオは絶品☆このまま腐女子になってもイイ、とかこっそり思う。

|

« 『クビキリサイクル』 | トップページ | 「舟越桂 夏の邸宅」展 »

コメント

忙しさにかまけて、「のだめ」に本日気づきました。慌ててガツガツ購入です。
千秋君、のだめのプロポーズをかわしておりましたが、あれ?これって○○逃げ?と思ってしまったのは私の勘違いなのでしょうか・・・・


投稿: ぜぶら | 2008年8月20日 (水) 23時25分

ハローぜぶらさん
逃げろ!千秋先輩。逃げもアリ...とちょっと思ってしまった悪魔です。
だってー悔しいんだもー
とにかく産休に入られる前に区切りをつけてほすいなあ。
あんまり長くなると本棚もアレなんで☆
そういえば最近くろきん見ないすね。

投稿: noppy | 2008年8月21日 (木) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42199097

この記事へのトラックバック一覧です: 『のだめカンタービレ(21)』など:

« 『クビキリサイクル』 | トップページ | 「舟越桂 夏の邸宅」展 »