« 『すべてがFになる』(漫画版) | トップページ | 『背信』 »

2008年7月 4日 (金)

映画『ザ・マジックアワー』

三谷幸喜監督の映画『ザ・マジックアワー』を観る。コヒさんの笑顔が見られればそれで満足、くらいの控えめな期待で臨んだらとっても楽しめたよ。人生、過度な期待は禁物ってことで。三谷幸喜が出ずっぱりで宣伝してたからストーリーは割愛。ギャングもの+映画万歳的な感じ?”守加護”という街が舞台なのだが、ずっと”もりかご”だと思ってた。帰ってきてからサイト見て”すかご”と読むと知る。ははあ。相変わらず無駄に豪華な脇役陣が食傷気味だったりするけれど、フジテレビのアナウンサーが出ていないだけでも今回は良しとしましょう。主役級の出演者てんこもりの中、MVPは萬次郎さんに差し上げる☆ラブリーなたたずまいに、出てくるだけでスクリーンが明るくなる気が...。
映画とは関係ないけど、TOHOシネマズの上映前の注意(携帯の電源切れとか座席を蹴るなとかそーゆうの)が鷹の爪団からクラウザーさんへ交代していた!団員ショック。傍若無人なデラックスファイターが好きだったのになあ。

|

« 『すべてがFになる』(漫画版) | トップページ | 『背信』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ザ・マジックアワー』:

« 『すべてがFになる』(漫画版) | トップページ | 『背信』 »