« 『海辺のカフカ』再読 | トップページ | ラブ☆鴨シー »

2008年7月19日 (土)

『シーセッド、ヒーセッド』

柴田よしきの『シーセッド、ヒーセッド』(講談社文庫)を読む。新宿二丁目で無認可保育園を営みつつ、その赤字経営を穴埋めするべく副業の探偵稼業に奔走するっつう花ちゃんのシリーズ第三弾。時には危険な目にも合うハードボイルドな探偵と、水商売やワケアリのシングルマザー達に頼りにされる良心的な保育園の園長先生という、ほとんど不可能だろう的な真逆の仕事を懸命にこなす花ちゃんにぐっとくる。あの極悪非道の腐れ外道(だが人気は高い)山内練もちらちら姿を見せるのだが、このシリーズでは若干温情気味なのも新鮮。今回初登場のおばちゃん探偵・えっちゃんのキャラは秀逸!惚れた!これからもばんばん活躍して頂きたいと希望します。

|

« 『海辺のカフカ』再読 | トップページ | ラブ☆鴨シー »

コメント

えっちゃんサイコー!
なんか癒されますな。

ところで練ですが、花ちゃんLOVE!なんじゃないかと
疑ってしまう私は何かに毒されとりますか?

投稿: そるたん | 2008年7月21日 (月) 11時38分

ハローそるたんさん
えっちゃん登場で新たな面白味が加わりましたね~
これで脇は固まった!って感じ。

えええっ、練たらそうなのか!?
うーん気付かなかったぞ(健全?)。
このシリーズの練はちょっといい人キャラですよね。
なのでここでくらいはそのまま穏やかでゴーして頂きたいデス。

投稿: noppy | 2008年7月22日 (火) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41900300

この記事へのトラックバック一覧です: 『シーセッド、ヒーセッド』:

« 『海辺のカフカ』再読 | トップページ | ラブ☆鴨シー »