« 『白澤』 | トップページ | 『綺羅の柩』 »

2008年7月31日 (木)

『PLUTO(6)』&『君に届け(7)』

全然本が読めていないのでややストレス。とりあえず会社休みたい。先週休んだばっかりだが。本日は新刊マンガのチェック、まずは浦沢直樹の『PLUTO(6)』(小学館)。いやああああああ!!と絶叫。ころしあいはやめてください、みんななかよくしてください、と小学生のような感想だ。辛かった。
アンド椎名軽穂の『君に届け(7)』(講談社)。うーん甘酸っぱい☆クリスマス終りから年末年始そしてバレンタインと、小娘にはうっきうきの行事がめじろ押しの7巻は、若干甘さ増量になっております。風早くんの、モテてる割には全くすれてないところって奇跡だなーと思う。実際こんな男子はいないだろう(多分)。しかし最初のうち貞子とか言われて恐れられていた?爽子が、今や案外可愛く見えるのがスゴイ。

|

« 『白澤』 | トップページ | 『綺羅の柩』 »

コメント

こんばんは!
PLUTO、男らしくもキオスクで買い、即読みしました。じわじわきますなあ。はやく続きを読みたいです。
君に届け、、、。ああああチョコ渡すくらいでうだうだともおおお!
と思ってしまうトウの立ちまくった私。既に両思いのこの二人にまた試練が襲いかかったりするのでしょうか?この子たちに限って、浮気(?)はないよねえ・・・などど不安にもなるこの頃です。

投稿: ぜぶら | 2008年7月31日 (木) 20時58分

ハローぜぶらさん
お、おとこらしいぜ!キオスク買い。
PLUTO、今回結構衝撃でした。よよよ。
もうここまできたら一気に読みたいっすね~

トウの立ちまくった女・その2ですが、
ほんっとにやきもき&イライラと久々にのめり込みましたわー
”チョコ渡すくらいで”とかワタシも思っちゃったけど、
それが一大事な年頃なわけだ...もう忘れちゃったぞ、そんな感覚。
しかし風早って天然??
いまどき珍しいまでのピュアぶりにおばちゃん目眩です。

投稿: noppy | 2008年8月 1日 (金) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/42018225

この記事へのトラックバック一覧です: 『PLUTO(6)』&『君に届け(7)』:

« 『白澤』 | トップページ | 『綺羅の柩』 »