« 『ハナシにならん!』 | トップページ | 『償い』 »

2008年6月 8日 (日)

『セリヌンティウスの舟』

石持浅海の『セリヌンティウスの舟』(光文社文庫)を読む。海での遭難事故を一緒に経験して以来、特別な絆で結ばれた6人のダイバー仲間。その中の一人が死を遂げる。残された者たちが彼女の不自然な死を巡って推理を始める、みたいな話。とても薄い本なのに読了までえらく時間がかかったのは、彼らの細かい話し合いが概ね退屈だったからか。ラスト近く、一気に真相へとなだれ込むところはおおっ!と思ったけれど、石持浅海の用意する結末って私には根っこの部分で今ひとつ理解に苦しむところがあるんだよなー。でも嫌いではないので、引き続き今後も期待しております。

|

« 『ハナシにならん!』 | トップページ | 『償い』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41475619

この記事へのトラックバック一覧です: 『セリヌンティウスの舟』:

« 『ハナシにならん!』 | トップページ | 『償い』 »