« 映画『築地魚河岸三代目』 | トップページ | 『恋いちもんめ』 »

2008年6月20日 (金)

『恋刃』

五條瑛の革命シリーズ第四弾『恋刃』(双葉文庫)を読む。久しぶり~と思ったら、前作から二年...どうりで何かと見失っているハズだ。君、誰だっけ?的な登場人物もちらほらと。話は相変わらず、極道の方々やアジアの色んな国の人たちが新宿にてバイオレンスな抗争や水面下の小競り合いを繰り広げており、全ての鍵を握るサーシャ様は今回も重鎮ぽく、下々の前にはそう簡単に顔を出されない。たまーに現れちゃあ悪魔の囁きで人をこき使う。しかも囁かれた方はまんざらでもなさそうで...。それが悪魔ってものよね。うふうふ。つうわけでこのあたりでもう一度おさらいしたほうが楽しめるかも、と思った4冊目であった。

|

« 映画『築地魚河岸三代目』 | トップページ | 『恋いちもんめ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41585615

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋刃』:

« 映画『築地魚河岸三代目』 | トップページ | 『恋いちもんめ』 »