« 『セリヌンティウスの舟』 | トップページ | 柳家三三・桂吉弥 ふたり会 »

2008年6月 9日 (月)

『償い』

売れてる本を今更読んでみようシリーズ。矢口敦子の『償い』(幻冬舎文庫)を読む。過去の出来事で絶望した元医者のホームレス・日高は、郊外の街で社会的弱者を狙った連続殺人事件に遭遇する。そこでかつて彼が命を救った少年に出会うが、彼の心の闇を知るにつれてある疑いを持ち始める...っつう話。やや浦沢直樹『MONSTER』的な?と思わせる設定からかなり引き込まれた。人生何が災いするかわからない。しかしそれと同じくらいの分量で、何が幸いとなるかもわからない。重い話ではあるが、確実に救いの光も見えている。『行きずりの街』を読んだ時よりも、本書が売れている理由は納得できたよ。

|

« 『セリヌンティウスの舟』 | トップページ | 柳家三三・桂吉弥 ふたり会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41486509

この記事へのトラックバック一覧です: 『償い』:

« 『セリヌンティウスの舟』 | トップページ | 柳家三三・桂吉弥 ふたり会 »