« 『賢者はベンチで思索する』 | トップページ | 映画『築地魚河岸三代目』 »

2008年6月18日 (水)

『小説以外』

恩田陸の『小説以外』(新潮文庫)を読む。正にタイトル通り、デビューから14年間の小説以外の全エッセイをまとめたもの。とにかく本が好きなんだな!っていうのがストレートに伝わってきてひじょおおおおに感激。名文句が沢山ある。「書物は完璧で合理的で無限の知恵を秘めたメディアなのだ」「独りで本と向き合い、自分が何者か考え始めた時から、読者は世界と繋がることができる」「つまらない本に出会ったら激怒したい」。ファンタジーとは戦争の話だとか、本格推理は歌舞伎と同じで様式美を愛でるものだとか、妙に納得してしまう見解も。彼女が解説をした本はもれなく面白そうだし、読んだことのある本でももう一度紐解きたくなってくる。やはり本を愛する人の文章には同じような気持ちを持って寄り添いたくなる何かがある。と言ったら大袈裟っすかね。

|

« 『賢者はベンチで思索する』 | トップページ | 映画『築地魚河岸三代目』 »

コメント

パンダムがうらなってくれただむ。
1回目は「今日はすんごいことが起こるだむ」
2回目は「今夜はネオン街に繰り出すだむ」
3回目は「パーティーに行くだむ」
一応ストーリーあるみたいね。ドラマが起こりそうでやす。

投稿: 恵美 | 2008年6月18日 (水) 16時32分

ハロー恵美さま
ネオン街とかパーチーとか、
そんなお告げは一度も出たことありません~~~
森にかえるだむ、っていうのはあった。やはりサル!?
恵美さまの、そこはかとなく華やかそうな人生がうらやましいだむ。
ドラマチックなことがあったら教えて下さい☆

パンダムGというブログパーツも登場したらしいです。
55歳のパンダムGがシブイ声で囁くとか...
なぜ55歳??

投稿: noppy | 2008年6月19日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41566913

この記事へのトラックバック一覧です: 『小説以外』:

« 『賢者はベンチで思索する』 | トップページ | 映画『築地魚河岸三代目』 »