« 團菊祭五月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 映画『少林少女』 »

2008年5月 5日 (月)

『東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミー』

小路幸也の『東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミー』(集英社)を読む。東京下町で古本屋&カフェ「東京バンドワゴン」を営む大家族・堀田家の物語、悪かろうハズなしの第三弾。人物相関図も2ページになり、東京バンドワゴンを巡る仲間達も良い感じに増えて更に賑やかになっております。それでもってうるさすぎることがないのは、亡くなったおばあちゃんが語り手であるからだろうか。その優しい、深い愛に満ちた語り口調がまたひとつの魅力でありましょう。嗚呼こんなお店が近所にあったら良いなあ。
このシリーズの1冊目がやっと集英社文庫になったので、未読の方にも鋭意お薦め!!元フジテレビの女子アナで現・野球選手の嫁のつまんない帯がついているからといって敬遠するのは(あ、しませんか?)勿体無い。新刊コーナーにダッシュでごわすよ。

|

« 團菊祭五月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 映画『少林少女』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41099435

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京バンドワゴン スタンド・バイ・ミー』:

» スタンド・バイ・ミー東京バンドワゴン 小路幸也 [粋な提案]
スタンド・バイ・ミー―東京バンドワゴン 東京下町の古本屋&カフェ、東京バンドワゴンシリーズ三作目。店主の勘一、伝説のロッカー我南人、... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 02時50分

« 團菊祭五月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | 映画『少林少女』 »