« 澁澤龍彦回顧展 | トップページ | 『臨死!江古田ちゃん(3)』 »

2008年5月27日 (火)

『わが魂は輝く水なり』再び

シアターコクーンへ『わが魂は輝く水なり』を再度観に行く。相変わらずタイトル長くて覚えられず。しかし一階で観るとなんでこんなにも話が飲み込めるか、と言うほどに飲み込めた。この前は何を観ていたんだ、わし?と、一人密かに反省会です。戦を続けるうちに誰も彼も少しずつ狂ってくる様、結局誰が本当に狂っているのかよくわからなくて、猜疑心が猜疑心を呼び殺し合う感じがかなり怖かった。終盤、実朝と巴御前が二人で話しながら感情を吐露する場面は少しも目をそらせないほどの迫力。それでいて表情なんかは大層細やかで。んまい。菊はどこから観ても綺麗だけど、やはり正面から見ると照れまんがな、っつうくらい綺麗。芝居は優等生な感じ?勿論そんなところも好きなんだけど、たまにはやさぐれてたり汚かったり極悪で冷徹だったりもう無茶苦茶な菊を誰か演出してみなよ...などとむらむらとデストロイ気分に苛まれる歪んだファンもここにいるのであった。

|

« 澁澤龍彦回顧展 | トップページ | 『臨死!江古田ちゃん(3)』 »

コメント

わが魂2回も観れるなんて、い~な~い~な~♪
1階席(特に前列)で観るときは「のめり込み」、階上席で観るときは「冷静」に楽しめますね。席によって楽しめ方が違うので、あちこちで観るとお得感がありますな(笑)。
どっからみても菊しゃんは変わんないけど~。

投稿: 恵美 | 2008年5月27日 (火) 11時22分

ハロー恵美さま
確かに!「のめり込み」と「冷静」の、違った楽しみがありますね~
何度も観るって意味あるんだなーと久しぶりに思いました。
(と自分らの行動を正当化)
昨日は立ち見もぎょうさん出てましたよ!
カーテンコールでは萬斎菊ちゃん巴御前が互いにセンターポジションを
押し付けあって?いたりして、微笑ましかったデス。

投稿: noppy | 2008年5月28日 (水) 01時54分

ヘロー、デストロイヤーのっぴ
壊してみたい発言、面白かったわ。
あなたの中の演出家の血がさわぐのじゃない?
出演を申し込むときに「あなたを壊してみたいのです」というの。どう?(出演って何に?)

投稿: マイチィ☆ | 2008年5月28日 (水) 23時37分

ハロー蜷川っちマィチィ☆
If I were 演出家、
スケープゴートを決めてダメ出しをします!
できるだけ大物をゴートにします!やったるぜ。(何を?)

あなたを壊してみたいのです、ってちょっと口説き文句みたいね☆
まず実生活で使ってみては如何か。

投稿: noppy | 2008年5月29日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『わが魂は輝く水なり』再び:

« 澁澤龍彦回顧展 | トップページ | 『臨死!江古田ちゃん(3)』 »