« サントリー美術館「KAZARI 日本美の情熱」 | トップページ | 『わが魂は輝く水なり』再び »

2008年5月25日 (日)

澁澤龍彦回顧展

ィヨコハマへ戻り、港の見える丘公園にある神奈川近代文学館へ「生誕80年 澁澤龍彦回顧展 ここちよいサロン」を見に行く。何度もしつこいけど澁澤さん大好きなんで。細江英公撮影のポスターがしびれるほどにかっちょいい!文学館企画のものだけあって、去年の11月に横須賀美術館で見た「幻想美術館」とは違い生原稿や手紙などの展示が多かった。三島由紀夫からの手紙とかもうたまらん...。そゆうのを見ながらふと思ったのは、今の作家さんは手書きの生原稿とかあるのだろうかってこと。パソコンで書いてメールとかで入稿したりすんの?でも赤は鉛筆で入れるのかな。回顧展をする時のために生原稿はあったほうがいいのではないか、と大きなお世話だが思った次第です。つうわけで吹き替え王子に始まり、遊びまくった怒涛の二日間は澁澤さんで静かに締め。カッパはその後、アタマのお皿が乾きすぎたのでプールへ泳ぎに行っていた(実話)。タフなお方じゃ。

|

« サントリー美術館「KAZARI 日本美の情熱」 | トップページ | 『わが魂は輝く水なり』再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 澁澤龍彦回顧展:

« サントリー美術館「KAZARI 日本美の情熱」 | トップページ | 『わが魂は輝く水なり』再び »