« シアターコクーン『わが魂は輝く水なり』 | トップページ | 『ビート』 »

2008年5月11日 (日)

『無事、これ名馬』

宇江佐真理さんの『無事、これ名馬』(新潮文庫)を読む。武士の息子(たろちゃん・7歳)が”男の道”を教わりに、「は組」の親方に弟子入りする話。男の道は火消しに聞け!と思った坊ちゃんは、臆病者だけどなかなか見どころがある。エライ。心優しき泣き虫坊ちゃんは果たして強い男になれるのか。とにかく「は組」の面々がかっちょいいので、火消し好きにはたまらん一冊。

|

« シアターコクーン『わが魂は輝く水なり』 | トップページ | 『ビート』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41165790

この記事へのトラックバック一覧です: 『無事、これ名馬』:

« シアターコクーン『わが魂は輝く水なり』 | トップページ | 『ビート』 »