« 『わが魂は輝く水なり』再び | トップページ | 『くうねるところすむところ』 »

2008年5月28日 (水)

『臨死!江古田ちゃん(3)』

わーい久しぶりの江古田ちゃん新刊だ~。表紙はリキテンスタイン風?瀧波ユカリの『臨死!江古田ちゃん(3)』(講談社アフタヌーンKC)を嬉々として読む。巻頭カラーの全裸江古田ちゃんを見て、そういえばこの人家では全裸でアイドリングしてるんだっけと思い出し、自分の中にちょっとした衝撃が走る。物忘れがひどくなると常に新鮮な気持ちでいられます(ポジティブ)。読む度に猛禽ちゃんを見習いたいと思うものの、これもきっと忘れちゃうんだろうな。つうわけでいつまでも江古田ちゃん寄りの女であることだ。

|

« 『わが魂は輝く水なり』再び | トップページ | 『くうねるところすむところ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/41348876

この記事へのトラックバック一覧です: 『臨死!江古田ちゃん(3)』:

« 『わが魂は輝く水なり』再び | トップページ | 『くうねるところすむところ』 »