« ベルファムへの道 | トップページ | 『殺意のコイン』 »

2008年4月17日 (木)

『盗作(上)(下)』

あの名作『アナン、』の飯田譲治&梓河人コンビによる『盗作』(上下巻・講談社文庫)を一気読み!ああああ、本読んだ!的にどっぷり。海辺の田舎町に暮らす平凡な女子高生が、ある日見た夢によって突き動かされるように描いた一枚の絵。見る者を圧倒的に魅了するその絵は日本中に知れ渡り、そして間もなく同じ作品が存在していたことが発覚する。そこから始まる波乱万丈の物語、イガイな展開に終始わくわく。芸術とは、創作とは、一体なんだろうと答えの出そうもないことに考えが及んでしまう。何と言うか、感動したよ...。芸術ってなくてもいいものかもしれないけれど、人が生きていく上でやっぱり必要なものだと強く思った次第です。いやほんと、芸の無い感想ですまん。おさる如きがごちゃごちゃ言うよりも読んで体験して頂きたい。『アナン、』も併せて読むといいよ。

|

« ベルファムへの道 | トップページ | 『殺意のコイン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/40910311

この記事へのトラックバック一覧です: 『盗作(上)(下)』:

« ベルファムへの道 | トップページ | 『殺意のコイン』 »