« 『愚者のエンドロール』 | トップページ | 『夏の名残の薔薇』 »

2008年3月11日 (火)

『弥勒の掌』

我孫子武丸の『弥勒の掌』(文春文庫)を一気読み。え、我孫子武丸ってこんなでしたっけ?くらい引き込まれる。アンドすっかり騙される。妻を殺された刑事と、妻に失踪された高校教師。それぞれが調査をするうちにある宗教団体へたどり着く。その宗教団体の秘密とは?妻たちはなぜ消えたのか?そして驚愕の結末へ!?ってほんとかよーくらいの気持ちで読むといいよ。ワタシは初めて我孫子武丸にグー!を出したよ。あと案外京大だったのがまたグー。すぐ忘れちゃうんだけどね。

|

« 『愚者のエンドロール』 | トップページ | 『夏の名残の薔薇』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/40459835

この記事へのトラックバック一覧です: 『弥勒の掌』:

« 『愚者のエンドロール』 | トップページ | 『夏の名残の薔薇』 »