« 『夢のような幸福』 | トップページ | 冬休みの過ごし方 »

2008年3月 3日 (月)

『高く遠く空へ歌ううた』

小路幸也の『高く遠く空へ歌ううた』(講談社文庫)を読む。丘の上の町に住む少年ギーガン(←これはあだななんですけどその由来がなんつうか結構インパクト)と仲間達が不思議な出来事に出会う物語。ミステリのようなファンタジーのような怪談のような、独特の味わい。小路幸也の描く世界はどこか懐かしくてせつないけれど優しい感じ、でも実はすっごく重くて大事なことをさらっときっちり教えてくれてたりする。辛い現実もありつつ、子供は子供で真剣に生きているってことを思い出す。『空を見上げる古い歌を口ずさむ』が好きだと思った人は本作も読むといいよ。

|

« 『夢のような幸福』 | トップページ | 冬休みの過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/40350404

この記事へのトラックバック一覧です: 『高く遠く空へ歌ううた』:

« 『夢のような幸福』 | トップページ | 冬休みの過ごし方 »